TEL:048-291-8500

〒334-0004 埼玉県川口市辻1573-1
鳩ヶ谷メディカルプラザ2A

精密入れ歯・BPS

川口市の歯医者 チワワ歯科クリニック 鳩ヶ谷メディカルプラザ2A

インターネット予約
HOME»  精密入れ歯・BPS

BPS-生体機能的補綴システムとは

BPSとはBiofunctional Prosthetic Systemの略称です。

日本語で生体機能的補綴システムといい、ヨーロッパの歯科大学と臨床医が共同で開発した義歯を製作するシステムのことを言います。

BPSの特徴は決められた作り方に則り、高品質な材料で、歯科医師と歯科技工士による専門家がチームワークを駆使して義歯を作製していくということです。
自分に合った義歯を使用することは、生活していくうえで大変重要です。

義歯の種類

当院では、保険が適用される義歯に加え、金属床義歯、ノンクラスプデンチャーもご用意しています。それぞれについては下記をご覧ください。

保険義歯

保険義歯は保険が適用されますので、費用を抑えて作成することが可能です。
それでは、自費で作成する義歯と何が違うのかというと、使用材料が異なってきます。

入れ歯の歯ぐきの部分を義歯床といいます。この義歯床は、保険適用で作成する場合、使用する材料が細かく決まっており、プラスチックを使用します。
プラスチックを使用すると義歯床が厚くなります。
また、プラスチックは熱を伝えにくい素材であるため、義歯床の厚さと相まって食べ物の温度や味覚を感じにくくなってしまいます。

金属床義歯

一方、金属床義歯とはその名のとおり、義歯床の部分が金属でできています。
金属で作成するため、義歯床の厚さを薄くすることができます。
また、金属は熱伝導率が高いため、食べ物の温度が感じやすくなります。

ノンクラスプデンチャー

上記は総入歯を作成する際に重要になってくる入れ歯の要素です。

入れ歯には総入歯の他に、部分入れ歯というものがございます。
部分入れ歯とは、ご自身の歯でなくなってしまった部分だけを補う入れ歯のことです。

ご自身の健康な歯を保ちながら入れ歯を使用することができます。
その部分入れ歯のなかでもノンクラスプデンチャーは留め金を使用しないで作成した部分入歯です。金属の留め金を使用しないため、装着時の不快感がなく、また入れ歯を着けていても目立ちません。
当院では、保険義歯から、患者様一人ひとりに合わせた入れ歯の作製まで、ご要望に合わせた入れ歯づくりが可能です。

入れ歯に使用かお悩みの方は、ぜひ一度当院にご来院ください。

PageTop